フィジーへのアクセス(ここから)

南太平洋のほぼ中心に位置するフィジーは、各国の主要都市から遠いというイメージですが、実際はフライトも多く、便利です。フィジーの国営航空会社であるフィジーエアウェイズは、各国主要都市からの直通便を運行しています。

ニュージーランド:  オークランド、クライストチャーチ、ウェリントン
オーストラリア: アデレード、ブリスベン、メルボルン、シドニー
アジア諸国: シンガポール、香港
アメリカ: ホノルル、ロサンゼルス、サンフランシスコ
日本: 東京(成田)

フィジーエアウェイズの航空便は、コードシェア便提携航空会社であるカンタス航空から予約も可能です。

ジェットスター、ニュージーランド航空、大韓航空、バージンオーストラリア、ニューギニア航空、バヌアツ航空、エアーカレドニアもフィジーへの定期便を就航しています。

フィジーには、毎年大勢のビジターが訪れる玄関となるナンディ国際空港(ビチレブ島)をはじめ、いくつかの国内線空港が点在しています。

多くの国の旅行者に対し、入国ビザの申請が免除され(但し4ヶ月間の滞在のみ有効)自動的に入国が許可されます(詳細はビザ申請免除国リスト参照)。この場合、最低6ヶ月間有効なパスポート(フィジー入国時から帰国日までの期間を含む)の提示が必要となります。ビザ申請免除国リストに記載されていない国からの旅行者は、最寄りフィジー総領事館または大使館にお問い合わせください